アパート・マンションオーナーの方

管内トラブルを解決します。

建築物の老朽化に対する保全や維持・管理については以前から大きな関心が寄せられています。その中でも給水管への保全対策、特に給水管の老朽化に伴う赤水の発生の問題に対する低コストで可能な解決方法の開発は、昨今最も注目されています。私どもは皆様の快適で健康的な生活を維持するために、「診断」「洗浄」「保全」という形で水道管のトータルケアをご提案しています。

https://www.yutaka-boss.net/images/flow.jpg

排水管のつまり

高圧洗浄とは?

排水管の中は、普段目に届かないため掃除が出来ず、知らないうちに日常の汚れが溜まります。
長年そのままにしておくと、悪臭を放ったり、詰まって汚水が突然あふれてくることもあります。このような状態を放置しておけば、ゴミや排水管が腐敗し、悪臭や詰まりの原因となります。そうなる前に排水管を清掃されたことのないお客さまにも是非、排水管清掃をお勧めします!高圧洗浄車で定期的に清掃を行うことで、流量が確保され臭気や腐食の発生を防止します。
高圧洗浄は薬剤を使わず高圧ジェット水流のみによる洗浄のため、地球環境に優しい方法です。
高圧洗浄前
長年の汚れが付着しています。
高圧洗浄中
汚れが取れていってます。
高圧洗浄後
汚れがスッキリとれました。
宅地内の排水管が詰まって流れない原因のほとんどが『防臭桝』での詰まりです。
定期的に清掃しないと上記の写真のようになってしまいます。
上記が清掃後の防臭桝の写真です。
清掃すると臭いもなくなり、水の流れもスムーズになります。


管内検査

https://www.yutaka-boss.net/images/kannaikensa.jpg

排水管清掃

https://www.yutaka-boss.net/images/haisuikan_seisou.jpg

トイレの排水管

https://www.yutaka-boss.net/images/a.jpg トイレ詰まりの主な原因と症状
・異物やトイレットペーパーの量により詰まる。
・長年の尿石、または尿石にトイレットペーパーなどがからみ、詰まる。
・排水の流れが悪くなる。掃除をしてもイヤな臭いが残る。
・頻繁に詰まってしまう。

トイレ詰まりの対策
・水に溶けやすいトイレットペーパー以外の紙は流さない。
・トイレットペーパーの量が多くなってしまった場合は複数回に分けて流す。
などトイレの排水管も高圧洗浄でスッキリ解決いたします。

漏水調査

https://www.yutaka-boss.net/images/b.jpg 詰まりや悪臭、土壌汚染、管の不調を早期発見し、最適な更生方法をご提案します。
下水道管、上水道管、取り付け管、工場プラント配管、給排水管といった目視できない、埋設されている管を、特殊なカメラを使って管内を調査します。この調査によって、さまざまな弊害を誘発するクラックや管ずれ、破損、油脂、木根侵入などを発見することが可能。もちろん、調査結果に合わせて最適な更生方法のご提案と施工も行わせていただきます。

WASH工法

圧縮した空気(圧縮エア)を断続的に管内に打ち込み、水と混ざり合い気泡となった圧縮エアを利用し、管内に付着した赤錆・スライム・スケール等の異物を除去する工法です。

【特徴】
●薬品を一切使用しないので安心です。
圧縮した空気で洗浄を行うので、専門的な知識はいりません。
●施工時間が短く、簡単に行えます。
取付にかかる時間は10分程度。洗浄時間も30分程度で終了。
●給水設備を痛めません。
WASH工法せ発射する圧力は給水器具のJIS規格の約1/4です。
●騒音も少なく静かです。
消音設計が施されているので、住宅地での使用の安心です。
●お手持ちのコンプレッサーとつなぐだけ。
(定格出力1.3kW以上を推奨)

給水管の汚れが明確に表れて出来ます。
建築後約10年経過した水道(鉄)管と建築後4年経過した水道(塩ビ)管を洗浄し、洗浄中と洗浄後を撮影しました。

日常清掃

オフィス、公共施設、マンションなどの美観を保ち、快適に過ごす事の出来る環境を提供させていただく為に、清掃スタッフを派遣します。1日1時間程度の短時間の作業から、清掃スタッフを常駐させての長時間の作業まで、様々な要望にお答えします。ご予算に応じて施工内容、作業回数などご提案、アドバイスいたしますので、お気軽にご相談ください。

貯水槽清掃

きちんと貯水槽の清掃をしていないと、錆がたまって、赤水の原因になったり、異臭、水の味が不味かったりしてきます。定期的な貯水槽清掃と水槽の点検・水質検査で安全で美味しいお水を供給しましょう! 貯水槽清掃・受水槽清掃は東京都でも法律があり、定期清掃が義務付けられています。ビル、マンションのオーナー様、ぜひチェックしてみてください。
点検内容 ① タンク(貯水槽)本体 ② タンク(貯水槽)構成部材(通気管・ボルトナット等) ③ 給水設備(定水位弁やボールタップ・タンク周辺配管等) ④ 給排水制御等電気設備(電極や制御リレー) ⑤ 排水時・溢水時に必要になる排水ポンプ ⑥ 給水ポンプ・揚水ポンプ ⑦ タンク(貯水槽)設置場所により換気設備も重要(見落としがち)